創業体験談(先輩創業者インタビュー)

事業所名

そば処・喜多縁(きたえん)

代表者

岡 嵩裕

創業日

平成27年(2015)7月29日

事業内容

おそば屋 ⇒ お店情報はこちら

創業のきっかけ

前職でそばに関わる仕事が多く、そばに興味がありました。
また、人は「美味しいものを食べると笑顔になる」ので、自分が打つそばを食べて笑顔になって
もらいたいという気持ちが芽生えたことですね。

創業体験談(良かった事、苦労した事など)

【良かった点】
 飲食店なので、お客様に「美味しい」認めてもらえて初めて商売になります。
 お客様に認めてもらえるよう、味やメニューにアドバイスをしてくれる『相談者』が居たこと
 が良かったです。
 創業後は、やっぱりお客様に喜んでもらえたことですね。
 汁を最後の一滴まで飲んでいただいた時や、「来てよかったぁ~」と言っていただいた時など
 お客様とのキャッチボールが出来た時が一番励みになります。

【苦労した点】
 自分で事業をした経験が無く、 「営業」「仕入」「労務管理」など何もかもが初めて大変な事
 ばかりでした。
 また、「繁忙期・閑散期の対応」「身体的な疲労」など、創業前に頭では分かっていても、体験
 してみないと分からないことも多かったです。

支援者・役に立った支援内容

平田商工会議所には『事業計画の作り方・ブラッシュアップ』で支援していただきました。
また、出雲商工会議所には『店舗選定に関するアドバイス・後押し』をしていただきました。

将来の夢・目標

以前、県外の方が「出雲そば」に対して、あまり良くない印象を持っていて、ショックを受けた
ことがありました。
また、地元の学生が「そばってこんなに美味しかったんだ」と言っているのを目の当たりにし、『本物の味』を伝える必要性を感じました。
これからは、『出雲そば』の美味しさ、魅力を伝え、『出雲そば』のファンをたくさん増やして
行きたいです!

これから創業にチャレンジする方にメッセージ

『信念を持つ』
  生半可な気持ちでは創業は出来ません。強い想いを持ち、実現に向けて頑張ってください。

『成功するまでやり続ける』
  「石の上にも3年」と言うように、成果が出るまでは時間がかかるものです。
  あきらめず地道に頑張り、やり続けた人が成果を出せる人だと思います。

『相談者を作る』
  創業にあたっては、多くの判断を求められ、悩むことの連続です。
  気軽に相談できる人がいると気持ちも楽になります。

店舗外観

そばりえセット
(釜揚げ小と割子2枚)